人気シナリオイベントのオーディオドラマが「OTOCA」で販売決定  

「グラブル」ので定期的に開催されるシナリオイベント。その中でも人気の高いイベントのオーディオドラマが「OTOCA」というサービスでの販売が決定しました!

OTOCAとは?

そもそも「OTOCA」とは何か分らない人も多いと思います。

OTOCAはオーディオブック配信サービス「Febe(フィービー)」で音声データをダウンロードし、PCやスマホで音声を楽しむ事が出来る商品です。

オーディオブックとは小説、教養、ビジネス等様々な書籍をプロの声優やナレーターが朗読して音声かした「耳で聴く本」の事です。

OTOCAに記載されたシリアルコードをサイトで入力することで、音声データをダウンロードする仕組みのようです。

また「OTOCAのカード本体は音声ダウンロード後はコレクションカードとして楽しめる」とのことなので音声×カードをかけて「OTOCA」という名称なのでしょうか?

簡単に仕組みをまとめると以下のような感じですね。

  1. 「OTOCA」本体を購入
  2. オーディオブック配信サービス「Febe」でOTOCAに記載されたコードを入力
  3. 音声データのダウンロード

またOTOCAを購入しなくても、音声データのみの販売もあるようです。

商品概要 「グランブルーファンタジー」OTOCA&アクリルキーホルダー限定セット

人気シナリオイベントの音声ドラマと描き下ろしイラストのアクリルキーホルダーがセットになった商品が販売されるようです。

また各巻全3種類の内ランダムで1個アクリルキーホルダー(ボールチェーン、自立用ミニ台座)が封入されています。

販売情報

  • 2016年11月12日~12月4日アニメイトAKIBAカルチャーズZONEオンリーショップ先行発売
  • 2016年12月21日アニメイト先行発売
  • 2017年一般発売を予定

価格:本体価格¥2100+税

オンリーショップの概要

12月のアニメイトの販売に先駆けてアニメイトAKIBAカルチャーズZONEのグラブルの専門店が開催、先行販売があるようです。

  • 名称:「グランブルーファンタジー」オンリーショップinアニメイトAKIBAカルチャーズZONE
  • 場所:アニメイトAKIBAカルチャーズZONE店内
  • 期間:2016年11月12日(土)~12月4日(日)

オンリーショップでは他のグッズの販売もある他、限定特典も用意する予定とのことです!

作品一覧

現在第3弾までの先行販売が決定しており、その中で使用されるシナリオイベントは以下になります。

臆病勇者と囚われの姫君

スタン、アリーザ、ジェシカがメインのシナリオイベント。

星晶獣「ネフティス」にさらわれたアリーザを助けようとするスタン、その途中同様に弟をさらわれたジェシカと共にネフティスの巣を目指す・・・という内容ですね。

このイベントの頃はまだ自分はプレイしていなかったので、ほとんど内容は分りませんね。このイベントは2部構成の前編にあたり、後編となる「不屈の勇者と熱砂の動乱」、さらにその続編になる「剣と脚に想いをのせて」があります。

続編はプレイしましたが、おおむね不評のようですね・・・w

※ドラマCDと同様の内容になるようです。

救国の忠騎士

ランスロット、ヴェイン、ジークフリートといったいわゆる「四騎士」「フィードラッへ組」と呼ばれるメンツのシナリオイベントですね。

星昌獣「シルフ」の加護で栄える王都フィードラッへ、王都の騎士団に所属するランスロットとヴェイン。シルフが真龍ファフニールに食われてしまい、旅の僧侶ソフィアと力を合わせて救出に向かうが・・・という内容。

ひたすらマルチバトルのシルフが硬かった印象が強いですねwこの頃はマルチソロもきつかったなぁ・・・

※ドラマCDと同様の内容になるようです。

亡国の四騎士

救国の忠騎士の続編イベント。前回の三人に加えパーシヴァルも登場します。

前回のイベントで国の危機を救ったはずだった、しかしランスロットの就任式の日にフィードラッへに再び脅威が襲いかかる・・・という内容です。

イベント加入のSRランスロットの立ち絵は必見。誰がここまでネタ扱いされることを予想できたでしょうかw

こちらは新録ドラマ「祝宴の終わり」が収録されているとのこと。フィードラッへ組みは人気が高いですからこの商品も人気が出るかもしれませんね!

まとめ

簡単に言うと「ドラマCDのダウンロード版」といった感じでしょうか?

また本商品を購入するとゲーム内で使用できる「Aポイント」を入手できるシリアルコードが付いてくるようです。関連商品にとりあえずポイントをつけてくるスタイルですねw

ポイントをつけるのはよいのですが、「トレカ」「クレカ」「Vジャンプ」等ジャンルごとに別々のポイントになっているのはなんとかならないのでしょうか、纏めてしまった方がいい気もしますが・・・

自分はこの手の関連商品にはあまり興味がないのですが、グラブルのシナリオやキャラクター、声優が好き、グッズを集めたいという人には嬉しい商品かもしれませんね!

コメントを残す