神崎蘭子がまさかのプレイアブル化 入手条件・性能まとめ

コラボイベントの開催予告で召喚石「神崎蘭子」が最終上限開放されることは判明していました。大体の人が加護効果がアンノウン100%アップ辺りになるのではないかと予想していたと思います。

そして「ぐらぶるちゃんねる」では今回のコラボイベントにシークレットキャラが1名いることが明かされていましたね。

そしていざコラボイベント開催、神崎蘭子最終上限開放することで判明したのが

まさかの「神崎蘭子」がプレイアブル化!

これは中々予想外でしたね。まさか召喚石の上限開放でキャラが加入するとは・・・そして肝心の開放条件ですが、中々に大変な模様。

通常の素材を使用しての開放ではなく、特定の条件を満たすことで称号をゲット、その称号報酬で得られるアイテムを使って開放をするようです。

さて、そのプレイアブル版神崎蘭子入手までの道のりは以下になります。

プレイアブル版神崎蘭子入手条件

1.デレステコラボキャラをパーティに加入させる

ますデレステコラボで仲間にできるキャラを一通り仲間にする必要があります。

  1. 島村卯月 加入条件:シンデレラガールズでLv20達成
  2. 渋谷凛 加入条件:信頼度加入
  3. 本田未央 加入条件:イベントストーリークリア
  4. 輿水幸子 加入条件:イベントトレジャーと交換
  5. 十時愛梨 加入条件:シンデレラガールズでLv39達成
  6. 赤城みりあ 加入条件:信頼度加入
  7. アナスタシア 加入条件:シンデレラガールズでパネルミッション1stをクリア

以上7名をまずはパーティに加入させる必要があります。どれも今回のコラボイベントで加入させることができます。

2.上記キャラのレベルを上げる

上記7名のキャラのレベルを上げる必要があります。

  • アナスタシア、渋谷凛をLv50
  • 赤城みりあ、十時愛梨、本田未央をLv60
  • 島村卯月、輿水幸子、赤城みりあをLv70

上記の組み合わせでレベルを上げることで、それぞれ称号と上限開放に必要な称号報酬を入手できます。ここまでは普通にプレイしていれば難しくはありませんね。

また上記3組の称号入手が条件でさらに称号入手出来ます。

3.召喚石「ブリュンヒルデ」の召喚回数を上げ、召喚石「【覚醒魔王】神崎蘭子」を入手する

プレイアブル化の条件が召喚石「神崎蘭子」の上限解放なので、まずは召喚石自体を入手する必要があります。召喚石の入手自体は以前から出来たので、既に持っている人はこの過程はスキップできます。

  1. ブリュンヒルデをトレジャー交換で入手
  2. ブリュンヒルデを戦闘で一定回数召喚する(それぞれ30、100、346、666回召喚した時に召喚石「神崎蘭子」が入手できます。つまり666回召喚すれば3凸達成ですね。)
  3. 3凸してLv100まで上げておく

4.特定の敵を召喚石「神崎蘭子」でとどめを刺す

ティアマト、コロッサス、リヴァイアサン、ユグドラシル、アドヴェルサ、セレストをそれぞれ召喚石「神崎蘭子」でとどめを刺します。

とどめを刺す際はノーマル、ハード、さらには共闘クエストとどれでも達成可能です。それぞれ倒した際に称号を入手。

5.フェイトエピソードをクリア

上記条件を達成し称号を入手していくことで、フェイトエピソード「若緑の精霊」「白き恵みのグリモワール」の2つをクリア、称号報酬を入手。

6.【覚醒魔王】神崎蘭子の最終上限開放

今までの称号報酬で得たトレジャー、ルピを消費して最終上限開放を行う、称号報酬を受け取ると神崎蘭子がパーティに加入します。

まとめ

ここまでの過程を経てようやく最終上限開放とキャラの加入が行えます。イベントのSRとは思えない手間ですねw

実際のところ一番きついのはブリュンヒルデの召喚回数を稼ぐことですかね。

最終上限開放自体はイベント期間外でも出来ますので、イベント中に行っておかなければいけないコラボキャラの加入とブリュンヒルデの入手のみを済ませておいて後はのんびり取り組むのがいいと思います。

今はアンノウン集めで忙しいと思いますしね。ただ今はサポ石にブリュンヒルデを設定している人も多いようなので、今のうちにイベントをこなしつつ回数を稼いでおくのもありでしょう。

またブリュンヒルデで重要なのは召喚回数なので、複数入手したら重ねず取っておき石編成を全てブリュンヒルデに出来ると少し効率が上がるかもしれません。

[傷ついた悪姫]神崎蘭子

さて今回の目玉の神崎蘭子のプレイアブル化ですが、性能の方は以下になります。

神崎蘭子

レアリティ:SR
属性
タイプ:攻撃
種族:ヒューマン

アビリティ・奥義・サポアビ構成

名称 使用間隔 効果ターン 効果
闇夜の魔法 6ターン 1ターン 敵の全ての攻撃を回避
(+で使用間隔5ターン)
真紅の熱 6ターン 180秒 敵全体に闇属性と火属性ダメージ/灼熱効果
(+で性能強化、使用間隔5ターン)
目覚めし鼓動 0ターン 漆黒の闇が我を包む時、禁忌の力が目覚めん!
(闇の力を10溜めると発動できます♪)
(発動させると、3つのアビリティすべてが以下の別のアビリティに変わる。)

アビリティ変化後

名称 使用間隔 効果ターン 効果
堕天使の翼 5ターン 1ターン 敵の全ての攻撃を回避/HP吸収効果付与
ローゼン・シュトゥルム 5ターン 180秒 敵全体に闇属性と風属性ダメージ/魅了効果
魂ノ導 6ターン 1ターン 魂ノ導により我が仇敵を殲滅せし力を手に入れん!
(無理しちゃうので最大HPの30%減っちゃいます)
(奥義即使用と奥義ダメージ50%UP)
奥義 スクーロ・ヘルフィエレ 闇/火/水属性ダメージ(大)
サポアビ 我が真の力を見よ! アビリティ使用時に奥義ゲージUP
闇の力に慄きなさい! 通常攻撃・アビリティ使用で闇の力が溜まる
◆闇の力は被ダメージで2減少

評価・まとめ

3アビ発動でアビ構成がガラッと変わり実質6つアビリティを持っているようなものですね。また奥義も3属性複合ダメージと今までに見ない構成でした。(その分威力大ですが・・・)

アビリティも複合ダメージが多い構成と、召喚石の特徴を受け継いでいますね。ただ複合属性が生きる場面は少ないと思うので、性能のみで見ればもっと使いやすいキャラも多いでしょう。

性能云々より厨二病という原作ゲームの設定、特徴を生かしたアビ構成、そして「プレイアブル化した」という事自体がファンにとって一番大きいでしょう!デレマスもプレイしている騎空士も多いようですしね。

イベントキャラにしては今までにない複雑な入手手順とかなり気合が入ったキャラなので、苦労を考えるとSSRでもよいのでは?と思いましたが、同じコラボ元のキャラで格差を付けてしまうと色々と荒れてしまいそうなこと(キャラ一人ひとりにファンが多いアイドルゲームなら尚更)、一度イベントキャラにSSRを出した前例を作ってしまうと後々大変そうなので、やっぱりSRでよかったのだと思います。

【覚醒魔王】神崎蘭子 最終上限解放性能

神崎蘭子のプレイアブル化のインパクトが強くすっかり忘れ去られた感がありますが、キャラが入手できるだけでなくしっかり召喚石の性能も強化されています。

太字は最終上限開放時の性能

神崎蘭子

レアリティ 属性 MaxHP MaxATK
SSR 666(716) 1250(1650)
召喚効果      名称 効果
真紅の月を裂く漆黒の尖塔 敵全体に闇属性ダメージ(特大)/火と水属性追加ダメージ
加護 スキル「アンノウンパワー」の効果が30%アップ(3凸50%)(4凸66%)

我が同胞たちの力を解放せん(アイドルの攻撃力6%アップ)

評価・まとめ

最終上限開放すると加護の効果数値とアイドルキャラの性能をアップが追加になります。大方の予想は100%アップでしたが、66%とかなり控えめな数値に・・・

ただこれは性能面より本人の厨二病という設定を生かした設定の方を優先した結果ですね。(蘭子になにかと使われる666等は悪魔の数字という意味があり、厨二心をくすぐるものですねw)

召喚石、キャラ共に設定の方を重視して再現した性能といった感じになりましたね。キャラ一人ひとりの個性が大事なゲームとのコラボなのでこれはこれでよかったと思います。

ただゲームでの性能面で見ると予想と期待が多かった「アンノウン編成」のメイン石になる、ということにはならなかったようですね・・・

アンノウン武器の最終上限開放は実装されましたが、新たにアンノウンスキル強化の加護を持つ召喚石がこないと「アンノウン編成」は夢のまた夢になりそうですね。(そのような召喚石が来てもアンノウン編成が現実的な強さになるかは微妙ですがw)

コメントを残す