バランス調整内容が公開 渾身修正、カグヤ兎化、ゾーイ関連ノータッチと盛りだくさんの内容

snapcrab_no-0033

ついに待ちに待ったバランス調整の内容が公開されました。

キャラの性能だけでなく、コンテンツ部分も大きく調整を入れてきましたね。

中でも一番の注目は「渾身修正」「ゾーイ関連はノータッチ」の部分でしょう・・・。

これの是非は人によるところでしょうが、しばらくはまたこの2つの話題が尽きることは無さそうですね。

[adsense]

クエストの調整

度々話題に出るクエスト全般のAP/BP消費の見直しはされず、むしろこの辺の調整が来たのが予想外なので今後の調整に期待ですね。

メインクエスト消費APの緩和

「第40章」までのメインクエストが、未クリアの場合の消費APが0になります。

40章は大体マリス関連の話当たりですかね。

メインシナリオも70章超えと長くなってきたので、新規にも一気に進められるようにしたいといった感じでしょうか。

メインクエストの一部バトルのエリクシール制限の撤廃

「第61章」「第62章」「第63章」における一部のバトルでのエリクシール使用制限が撤廃されます。

特に難易度の高いと話題になった「アーカーシャ」戦での制限が撤廃、マルチならともかくメインシナリオでそこまで難易度高くする必要もありませんもんね。

時限クエストの廃止

「エンジェル・ヘイロー」がいつでも挑戦可能になります。
ゲームを始めたばかりのプレイヤーの方が、わかりやすく、かつ簡単に強化素材を入手できる手段になるよう、より多くのエンジェル武器が手に入るようドロップ率も調整が行われます。

正直★期間以外やる意味が無かったので思い切っていつでも挑戦可能とこれは良調整ですね。

また最終上限開放装備も増えレベル上げにも一苦労になってきたので、よりエンジェル武器が落ちるようになるのも大きなポイント。

キャラクターのアビリティ調整

おそらくプレイヤーが最も注目していた部分その1。

最も注目されていた「水着ゾーイ」のアビ関連は今回はノータッチという結果になりました、良くも悪くも今後の動向に注目ですね。

また木村Pに変わってすぐ言及していた所謂「特攻系スキル」を早速調整してきました。

リリィ(SSR)

サポートアビリティ「神鳥討伐の策III」が新たなアビリティ「氷晶宮の特使」に変更となります。

氷昌宮の特使 バトルメンバーの種族数に応じて自分の攻撃力アップ

長らく腐っていた特攻アビがようやく変更に。

種族に応じて攻撃アップという性能ですが、元々がアタッカーではないので性能面というよりシナリオイベントでの種族間の問題を和解に導いたという設定を重視しての調整といった感じですね。

テレーズ(水属性SR)

サポートアビリティ「神鳥討伐の策II」が新たなアビリティ「二面性」に変更となります

二面性 自分のHPが少ないほど攻撃力アップ

効果自体は背水効果、こちらも普段は弱気だが、闘技場では強気な性格になるという設定を重視した内容ですね。

マイシェラ

サポートアビリティ「神鳥討伐の策II」が新たなアビリティ「美の探求」に変更となります

美の探究 弱体成功率アップ

Rキャラなのでどうしても印象が薄いですねw絵の感じが他のキャラと違い若干浮いてるイメージが強いです。

リチャード

サポートアビリティ「神鳥討伐の策I」が新たなアビリティ「デスティニードロー」に変更となります

デスティニードロー ごく稀にクリティカルでダメージ特大アップ

こちらもRキャラなので性能自体はあまり特筆することはありませんねw

アリーザ(SSR)

「重ね陽炎」のカウンターダメージが引き上げられます
「鳴神」のダメージが引き上げられます
奥義の追加効果として「クリティカル確率UP」が付与されるようになります

持ってないのでこの修正が妥当なのかわからないのが正直なところw

ただ話題にあがることがほとんどないので、実用的な性能になるといいですね。

ジャミル

「ハイド」の敵対心なすりつけの効果が引き上げられます

現在でも結構なすりつけ効果は高いようですが、より被弾率を下げられそうですね。

ラグナ

サポートアビリティ「ウォーマーの記憶」の効果が被ダメージでも1ターン分上昇するようになります

ターン経過に加え被弾でも累積されるようになったので、2アビの強化をより早めることが出来そうですね。

ロザミア(SSR)

「仮面の呪い」効果時に、奥義に追加ダメージが発生するようになります
奥義の追加効果として「仮面の呪い」が付与されるようになります

奥義効果に「仮面の呪い」が追加されたので、上手くいけば奥義と仮面の呪い効果を繰り返すことも可能かもしれません。

総じて火力が向上しそうですね。

ヴィーラ(SSR)

「シュヴァリエ・マージ」使用時に消費する奥義ゲージが50%に軽減されます

消費奥義ゲージが一気に半分に、以前よりも気軽に使用できるようになり使い勝手があがりそうですね。

ジークフリート

「マニガンス++」の攻撃力UP効果が引き上げられます
奥義の追加ダメージが敵がブレイク状態でなくとも発生するようになります
奥義の追加ダメージエフェクトが新しくなります

最終上限解放後も微妙、設定だけは強いと微妙な評価の多いジークフリートさんが四騎士イベントを前についに修正決定。

全体的に微妙性能と言われてはいるものの「マニガンス++」は現在でも攻撃力70%アップに加え防御もアップとかなりの性能。

これの効果が更にアップとはスタメンクラスになれる日も近いかもしれません、設定に恥じない強さをそろそろ見せて欲しいですね!w

ウーノ

「螺旋回鉾」のダメージが引き上げられます
「刹那の閃き」のカウンターダメージが引き上げられます

シス」に続き十天衆も調整対象に。

ドライブバーストも倍率高めとはいえ十天衆と考えると物足りなさがあったので、オンリーワンの性能にして欲しいですね。

カトル

「シュリーヴァトサ」に3倍ダメージ(2回ヒット)が追加されます
「シュリーヴァトサ」のエフェクトが新しくなります
「カルネージ」の「敵に水属性ダメージ」が「ターゲットに関わらず4回単体ダメージ」に置き換えられます。また、これにあたり1ヒットあたりのダメージ量が引き下げられます。(総ダメージ量は高くなります)
「カルネージ」のグラビティ効果の対象が敵全体になります
「カルネージ」のエフェクトが新しくなります

ウーノ」に続き調整対象に。

1アビのデバフ付与のみという物足りなさにダメージ追加、2アビのグラビティ全体化、またエフェクトも一新と気合の入ったものになりそうですね。

召喚石の調整

2属性石やリジェネ石等現在では物足りない性能のものも多いですが、「カグヤ」「セスランス」というトップクラスの不遇石がまずは調整対象に。

カグヤ

加護に「アイテムドロップ率20%UP」が追加されます。(MAX上限解放で25%に強化)

サプチケ不可組みの割りに微妙な性能、兎モチーフということもあって「兎の上位石にすればいいじゃん」と冗談で言われることもありましたが、まさかの現実にw

ホワイトラビットが取れずカグヤを持っていた人は一気に勝ち組に!フリー枠にカグヤの時代が来そうですね。

一気にサプチケ不可石としての価値が高まりました!

セスランス

加護の「火属性攻撃力UP」が60%からスタートし、毎ターン2%ずつ上昇するようになります。(上限は100%)
MAX上限解放で80%スタート、上限120%となります。

「カツオシリーズ」でもトップクラスに不遇な性能、火カツオは実装されてないとまで言われた「セスランス」がようやく修正。

3凸してればスタート時点でアテナと同等と活躍する機会も増えてきそうですね。

バトルの調整

注目されていた部分その2。ついにきた「渾身」の修正と予告されたホワイトラビットの緩和内容等が公開。

敵の被ダメージの減衰の実装

闇属性SSレアのサルナーンのアビリティなどで、特定条件下で一撃で極めて高いダメージを出すことができますが、今後登場するコンテンツや現在のエンドコンテンツへの影響を鑑みて、敵が一度に受けるダメージに新たな減衰制限を設けます。
通常の遊び方では出せない1000万に迫るような大ダメージに対して適用するため、現状は限定的な状況でのみ影響を受ける形となります。

現在は特定状況下でのみの影響なのであまり気にする必要はなそうですね、ただ「現状」ということなので今後これを基準にバトルのバランスが調整されていくかもしれませんね。

武器スキル「神鳥討伐の策」の調整

以下の武器が有するスキル「神鳥討伐の策」が別のスキルに変更となります。
氷晶杖 →「水の攻刃」
タンザナイトソード →「水の二手」
森精の杖 →「水の治癒」
セルフディフェンサー →「水の技巧」

特攻スキル」が削除され別のものに置き換えに。

氷晶杖」は攻刃(小)とはいえ攻刃と守護が両方付くようになるので水杖が無い人は1本あると便利かもしれません、優先的に砕かれることはなくなるかもしれないよリリィちゃん!w

武器スキル「渾身」の調整

イベント「フェンリル討滅戦」で入手できるSSレア武器「フィンブル」の持つ武器スキル「霧氷の渾身」ですが、これによる攻撃力の上昇効果を引き下げます。「背水」など、他の条件つきのものと比較して、最大効果を発揮する難易度、そしてその効果の伸び率において、他の武器を圧倒する性能を誇り、今後のイベントやコンテンツ追加に影響を及ぼしかねないと判断し、今回調整を決断しました。
頑張って集めてくださった方には本当に申し訳ありません。「渾身」という効果である以上、HPが多い状態であれば「強い」と思えるスキルになりますので、回復手段の豊富な水属性パーティでは活躍しやすいスキルであり続けます。

今回一番の目玉といえる内容ですね、登場から猛威を振るった「渾身」がついに修正対象に。

猛威を振るっているのは「水着ゾーイ」「ケル銃」等も同様ですが、イベント1回でほぼ装備が揃い石さえあれば無課金で今までの装備を圧倒できる性能というのは影響が大きすぎたのでしょう。

ただ実際に実装されないとどの程度変わるのかは分らないので一気に弱体化かもしれませんし、超強力武器が強力武器になる程度で必要性は変わらないといった可能性もあります。

今は実装を待つしかありませんね!

「ホワイトラビット」の入手難易度の緩和

特定のクエストで出現する敵「ホワイトラビット」がドロップする召喚石「ホワイトラビット」及び、トレジャー「ハピネスキャロット」の出現確率が大幅に引き上げられます。
また、「ホワイトラビット」はレアモンスター扱いとなり、召喚石「シルフィードベル」の影響を受けるようになります。

緩和(笑)状態になっていた「ハピネスキャロット」のドロップ率が大幅に上がり、ホワイトラビット自体もレアモンスター扱いに。

総じて取りやすくなりそうなので今まで持っていた人は微妙な気持ちだったかもしれませんが、上位の「カグヤ」が同時に登場したのはいいタイミングだったのかもしれませんね。

ただかなりの緩和されたことでフリー枠に最低でもホワイトラビットを置いておくべきという風潮が出てきてしまうかもしれません。

MISS表示の拡張

「回避率」により、敵の攻撃・特殊技の回避に成功した場合、これまで「MISS」と表示されていましたが「DODGE」と表示されるようになります。

表示変更なのでゲーム自体には直接の影響はなさそうですねw

マルチバトル・共闘クエストでのスキン表示設定

他プレイヤーの表示に関して、マルチバトル及び共闘クエスト内での、スキン設定のON/OFFが設定できるようになります。複数ジョブをまたいで設定できるスキンも増えつつあることから、メンバーがどのジョブなのか正確に知りたい場合に役立つかと思います。

HLマルチでは特に各ジョブの存在、人数把握が重要なので「ヴァーミリオンスキン」のようなジョブの区別が付きにくいものは人によっては紛らわしかった部分も多いと思います。

ただせっかく取ったスキンを使いたい人も多いと思うので、ON/OFF機能が付くのはいいバランスだと思います。

スキンといえばキャラのスキンも他者にも反映されるようにしてほしいですね。

一部マルチバトルのドロップ率調整

各島に存在するマルチバトルにおける「アニマ」「マグナアニマ」のドロップ率を引き上げます。

島Nと島Hが対象。

島Hを周ってもアニマドロップが1個だけ、ドロップすらないことがざらだったのでいい見直しですね。

輝き稼ぎ以外にも需要が増えたと言えますが、だったら使用APの見直しもして欲しいですねw

一部エフェクトのリニューアル

6月のアップデートで行い好評だった「リリース初期から存在する使い回しが多いエフェクトのリニューアル」の第2弾となります。また、併せてステータス効果で重複した絵柄のアイコンなども一部調整が入ります。

カジノの調整

おまけ要素のはずがある意味必須要素になってしまい賛否両論の意見が多かったカジノが調整。

メダルのルピ購入額の引き下げ

現在はメダル1枚あたり20ルピで購入できますが、メダル10枚あたり20ルピに変更します。

メダルの購入制限の緩和

現在はメダルを1日10000枚までルピで購入できますが、この上限を50000枚に引き上げます。

一部景品の必要メダル数と在庫の見直し

以下の景品の必要メダル数が引き下げられます
「エリクシールハーフ」 3000枚 → 1500枚
「ソウルシード」 1000枚 → 500枚
「ティアマトのマグナアニマ」 15000枚 → 5000枚
「コロッサスのマグナアニマ」 15000枚 → 5000枚
「リヴァイアサンのマグナアニマ」 15000枚 → 5000枚
「ユグドラシルのマグナアニマ」 15000枚 → 5000枚
「シュヴァリエのマグナアニマ」 20000枚 → 10000枚
「セレストのマグナアニマ」 20000枚 →10000枚

「マグナアニマ」の1日あたりの交換可能個数が3個から1個になります
マグナアニマに関しては、バトルよりもカジノで手に入れた方が楽という状況を是正したいと考えており、先に挙げさせていただいた「一部マルチバトルのドロップ率の調整」とあわせての在庫調整となります。

景品交換に必要なメダルが全体的に引き下げに、またマグナアニマの1日交換個数が3個から1個に。

島Hのアニマドロップ率の悪さと合わさりカジノでの交換がメインになっているという現状を調整、メインコンテンツ部分での入手が中心と「カジノ」はあくまでおまけという方向性が強くなったようですね。

そういえば以前予告されたカジノスキンはどうなったのでしょうか・・・

今後のシナリオイベントの変更点

snapcrab_no-0034

ゲーム内容調整に合わせて今後のシナリオイベントの変更点等についても公開されました。

今月のイベント予定で「リニューアル」という文字が注目されましたがその意味も明らかに、全体的に作り直しといった感じになるようです。

  • 上記画像のようにUI等仕組み全体の作り直し。
  • マルチバトルがなくなり、討滅形式のイベントに。

今後は完全にソロコンテンツといった感じになりそうですね、実際トリガー集めとか大分めんどうでしたからね・・・

ダマスカス鋼の入手手段が緩和

現在入手手段が「ムーン交換」のみということでショップで特定のトレジャーと「ダマスカス鋼」を交換できるようになるとのこと。

snapcrab_no-0035

交換方法として

  • ダマスカス磁性粒子」を3個で「ダマスカス骸晶」と交換
  • ダマスカス骸晶」10個で「ダマスカス鋼」と交換
  • ダマスカス磁性粒子イベントボス(HELL)から低確率でドロップ
  • ダマスカス骸晶はシナリオイベント報酬で登場、イベント毎に最大3個入手できる。

単純にイベント報酬のみでの交換と考えると4ヶ月に1個入手できる計算でしょうか。

また今月は復刻イベント2つに加え新シナリオイベントがあるので来月には1個入手することができそうですね。

気軽に武器の上限開放をして欲しいとのことですが、入手が簡単すぎてもバランス的に微妙になりそうなので難しいところ。

イベント報酬での入手条件とボスのドロップ率が気になるところ、リニューアルイベントが楽しみですね!

まとめ

予告されていたキャラの調整のみならず色々な部分の調整、追加も入った盛りだくさんな内容となりましたね!

一番意見が分かれそうなのは渾身の修正とゾーイ関連がノータッチだったことでしょうか。

ゾーイや背水関係はどうしてもお金が絡む分手を出しづらい部分が大きいんでしょうね。

だったら同じ討滅武器の「ケル銃」や時折言われる有利非有利の与ダメ調整等、お金が絡まない部分での調整でバランスを取って欲しいですね。

調整次第でもありますが渾身が修正されたらますます闇一強の時代に・・・

環境次第では今後の調整でゾーイ関係が修正される時も来るかもしれません。

カジノ」「エンジェルヘイロー」等以前より少なからず不満や改善点の意見も多かった部分を早速修正。

またシナリオイベントのリニューアルやダマスカス鋼の緩和等ゲーム全体のバランスを改善していこうという考えが感じられますね。

ひとまず予定されていたバランス調整は24日に実地され一区切りといったところ。

渾身が修正されて環境がどうなっていくのか注目ですね。

このような大型アップデートだけでなく小まめにキャラやその他ゲーム全体の部分を調整していって欲しいですね。

One Response to “バランス調整内容が公開 渾身修正、カグヤ兎化、ゾーイ関連ノータッチと盛りだくさんの内容”

コメントを残す