【キャラ紹介】風属性SSR「メリッサベル」の性能まとめ・評価

新キャラで登場した「メリッサベル」の性能、評価のまとめです。

風属性ハーヴィンという珍しい組み合わせ、超攻撃特化な性能の実力はどれほどでしょうか。

[adsense]

メリッサベル

snapcrab_no-0036

レアリティ:SSR
属性
タイプ:攻撃
種族:ハーヴィン

アビリティ・奥義・サポート構成

名称 使用間隔 効果ターン 効果
コンティニュウム 11ターン 自分が即座に奥義発動可能
◆最大HPの20%を消費
【Lv55で自分のクリティカル確率UP効果追加】
ライトセイヴィアー 7ターン ターゲットに関わらず5回単体ダメージ
◆使用する度に攻撃回数UP(最大10回)
【Lv75でターン短縮】
レフトセイヴィアー 6ターン ターゲットに関わらず6回単体ダメージ
◆使用する度に攻撃回数UP(最大10回)
奥義 五月乱髪 風属性ダメージ(特大)/自分のアビリティ再使用間隔を2ターン短縮
サポアビ 自動迎撃毛刃 残りHPが少ないほどカウンター確率UP
黄金の艶めき 被ダメージ時に稀にアビリティ再使用間隔を1ターン短縮

 

強い点

ウェポンバーストはシンプルに強力、また奥義効果とサポアビ効果で使用間隔を上手く短縮していければかなりの火力を出すことが出来そうですね。

1アビのHP減少効果は背水主体の風属性とは相性が良いと言えますね。闇属性の水着ゾーイのような能動的にHPを減らせるキャラは少ないのでデメリットよりは大きなメリットになります。

ダメアビが2つと攻撃以外の攻撃手段が豊富なので、敵のチャージターンマックスで攻撃したくないときやブレイクまで後一押しの時などは助けになる場面もあるかもしれません。

弱い点

特徴の一つであるアビの使用間隔短縮がサポアビは運頼りな部分が大きいので安定性は低いかもしれません。

また2,3アビの攻撃回数の累積は上限にいくまでにどうしても時間がかかってしまうので、短期決戦になることが多い現在のマルチバトルの環境とはあまり相性がよくないかもしれません。

性能をフル活用できそうなのは四象のティターン辺りでしょうか。

また種族が「ハーヴィン」と、現在の風パは「コルワ」「アンチラ」という強力なエルーンがスタメンに入ることが多いので種族の面でも編成に組み込みづらい部分が大きいですね。

現在の風パは「ティア銃」メインのマグナ編成が主流なのでどうしても「バハムートウェポン」を使用することが多くなってしまいます。

もし上記のキャラと組み合わせてなおかつバハ武器の恩恵を受けたいなら「バハ杖」を作成する必要がありますね。

相性の良いキャラクター

snapcrab_no-0044リーシャ(リミテッド) ガンガンアビを使用していくので、アビ使用回数を稼いでいきたい「号令効果」と相性が良さそうですね。ただどちらも下準備の手間が大きいのでソロ向けでしょうか。
  アンリエット 使用間隔短縮持ちなので、2,3アビの回転率を高めることができます。また奥義加速もあるので、奥義発動を早めることで奥義効果を受ける機会を増やす事ができ全体のアビ使用間隔をより早めることができますね。

総評

ウェポンバーストにダメアビ2つとかなり攻撃特化な性能になりました。

トライアルでの攻撃特化性能からどんなごついキャラが出てくるのかと思いましたがなんともかわいいキャラになりましたねw

ハーヴィンは体型のバランスが難しいようで賛否の差が多いですが、このキャラは人気がでそうな見た目ですね!

運用のイメージとしては以下のような感じでしょうか。

  • 1アビでHP減少&サポアビのカウンター発生のシナジー
  • 奥義効果、サポアビ効果で使用間隔をガンガン短縮
  • 使用間隔短縮でアビをフル回転、2,3アビの効果を累積させていく

上記のようにアビ使用がメインのアタッカーという、性能自体は単純で分りやすい性能をしています。

上手く型にはまればガンガンダメージを稼いでいくことが出来るかもしれません。

2,3アビは公式の解説によると奥義に匹敵するダメージが出るとのことですが、検証によると上限役80万くらいとのこと。

累積の手間やアビポチが環境に合わないことを考えるともう少し火力は出て欲しかったというのが正直なところですね。

アビポチ主体や種族面からマルチのMVP争いでのスタメンには組み込みづらい部分が大きいですが、純粋にアタッカーが欲しい場面では役に立つ部分も多いと思います。

ウォフマナフ討滅戦」などではコルワのような下準備の長いキャラを使用するよりも、単純なアタッカーで揃えて攻撃やアビを連打した方が楽に感じる部分も多いのでそのような場面では重宝されるかもしれませんね。

コメントを残す