これグラ12月号が公開! 古戦場の肉集め廃止、ボスに耐性追加 火、土属性強化等

snapcrab_no-0133

これからのグランブルーファンタジー12月号」が早速掲載されました!

イベント予定といい月頭にしっかり更新していってくれて些細なことですが信頼感が上がりますね。

今回の内容も主に古戦場でのシステムや耐性の見直し、今後のバランス調整やアップデート予定等、気になる内容が盛りだくさんでしたね。

[adsense]

これからのグランブルーファンタジー12月号 内容まとめ

決戦!星の古戦場の改修

snapcrab_no-0134

今回の内容で最も大きな変更点・注目の内容が古戦場の全体的な見直しについてですね。

大まかな変更点は以下になります。

肉集めのシステムが廃止に

まず今までの古戦場から一番大きな変更点が「肉集めの廃止」ですね。全体的にプレイヤーの強さが上がってきていることが主な理由のようです。

今までは「アーリマン系」の敵を倒して上位の難易度EXTREME、EXTREME+(以下EX、EX+)と戦う為の餌を集める作業が存在しましたが、これを廃止

難易度EX+まではAPのみで挑戦できるように変更となりました。

それに伴い、EX+までは難易度HELLと戦う為のトリガーをドロップするようになります。

難易度HELLの扱いが変更に

難易度HELLも今までは一日一回騎空団のみで挑戦できる一発逆転要素を持ったボスでしたが、今までのEXと同じ形式の個人でも何度でも挑戦できるようになります。

つまりEX=HELL相当になるということでしょうか?

それに伴い獲得できる貢献度も今までより減少するようです。

本戦へ出場できる騎空団の数が増加

本戦へ出場できる数が2400から3000に引き上げになりました。

現在のアクティブがどれほどいるかは分りませんが、本戦への枠が増えれば勲章を獲得する機会が増えるのでそれだけ金剛石への道が近づきますね。

上記2つとこの変更は今月から実装されるようです。

ボスの耐性関係の調整

これも今回の内容で目玉と言える内容ですね。

HELLの敵において弱点属性以外の属性にも耐性を持たせるというもの。

具体的に言うと弱点属性でのダメージはそのままに、弱点以外の属性に対してダメージ軽減の耐性が追加、不利属性では更に耐性が強くなるというもの。

光属性と闇属性は自身に強い耐性と、弱点以外の属性への耐性を持ちます。

以前からちらほら要望で見られた「有利属性がちゃんと有利になるようにして欲しい」という所謂「なんでもマン対策」への回答ということでしょうか。

「なんでもマン」と呼ばれる人は以前からいましたが水着ゾーイの登場でそれが一気に加速しました。

古戦場も全部闇属性でいいんじゃないかと言われ、属性の意味が無くなってきている現状なので今回の調整は個人的には嬉しい内容ですね。

ダメージの調整がどの程度なのかは実装されてみないと分りませんが、最初は微妙な調整でも要望を送ればしっかり調整していってくれそうですね。

またこの耐性関係の調整は現在古戦場のみでの実装のようですが、評判次第でゲーム全体に反映されていくかもしれませんね。

ちなみにこの調整の実装は「次々回」からなので今月はまだ実装されないので注意です。

アーカルムの転世について

snapcrab_no-0135

プロデューサー交代で白紙に戻った「アーカルムの転世」の内容について。

現状は個人もしくは少人数でプレイできる力試しとしてのコンテンツとして企画を進めているようです。

何よりも時間拘束が大きな批判の一つだったので、自由にプレイできることはとても大事ですね。

今後のバランス調整について

前回のバランス調整で実施されたエンジェル・ヘイローの恒常化ですが、主に消費APが多すぎるという批判が多いようで早速調整が決まったようです。この調整は12月中に実装予定とのこと。

HARDのAPを20→15にEXTREMEのAPを40→20に引き下げになりました。

またEXの難易度がVERY HARDに変更に、ドロップ率の変更は無いようです。

EXは一気に半分と周回前提なコンテンツだけにこの調整は嬉しいですね。

また批判をしっかり受け止め早い段階で改善してくれるのもありがたいです。

現在他には大きなバランス調整は予定していないとのことで、フィンブルに対してノータッチで批判の多かった水着ゾーイ関係も現在は調整予定はないようですね。

新ジョブ「ハウンドドッグ」の実装について

snapcrab_no-0136

サイドワインダーのクラス4ジョブ「ハウンドドッグ」の実装は12月中旬から下旬を予定しているようです。

その他の今後のアップデートについて

2017年3月の3周年までに下記のアップデートを検討中とのことです。

発見者報酬、MVP報酬の調整

回数制限のあるクエストや自発の難易度が高いクエストはMVP報酬より発見者報酬の方がレアアイテムが出やすい調整にしていくとのこと。

今まではMVPと発見者報酬に違いが無かったので、自発者の負担が大きいだけで自発の意味が薄い部分もありました。

しかしこの調整でレアアイテムを狙うなら自発をしっかりしていく意味も出てきましたね。

また水着ゾーイ等で一気にMVPを取っていく光景も少なくないので、若干ですがこちらの対策の面も含んでいるのかもしれません。

ヒヒイロカネの入手方法の追加

イベントリニューアルの「ダマスカス鋼」関係でヒヒイロカネのドロップが無くなったので、新たな入手方法を検討していくようです。

火属性と土属性の強化手段の追加

以前から属性格差が大きいことへの意見は多く、特に火属性と土属性は他の属性に比べて不遇気味でした。

その格差を是正する為にイベントや討滅戦での報酬等で火属性と土属性の強化手段を追加していくようです。

こちらも改善の要望が多い部分でしたが、火属性と土属性と明言されたことで今後の強化に期待が持てますね!

ただ強化の方向性が「マグナ編成クラス」の人からなのか「神石編成クラス」の人を対象としてなのかで評価は変わってきそうですね。

神石編成クラスを対象だと結局神石が無いと恩恵を受けれる人が少ないので、一部だけでなく全体的に恩恵を受けれるような調整にしていって欲しいですね。

ロビー機能の追加

かねてより要望の多かった「ロビー機能」が開発中とのこと。

HLクラスのマルチからメンバー構成や連携が重要になってきた部分も多く、高難易度のマルチへの挑戦もしやすくなるであろうロビー機能の追加はありがたいですね。

新規プレイヤー向け施策

全体的に敷居が高くなり新規が入りづらくなってきた感の強いグラブルですが、今後も新規プレイヤー向けの施策を行っていくようです。

  • 各種討滅戦のTIPS実装
  • パネルミッションの報酬拡充
  • 武器、召喚石の所持限界数の初期値の引き上げ

現在はこれらを予定しているようです。

最大上限の引き上げはせず、初期値引き上げで購入済みの差額は宝昌石での配布予定とのこと。

まとめ

今回は主に古戦場関係に大きな調整が入りました。

肉集めという兼ねてから作業間が強かった部分を廃止、ただこれにより走れる上限も無くなりそうなので戦術も大きく変わってきそうですね。

耐性関係も今後他のマルチバトル等にも広めて全属性を強化していく意味を大きくしていって欲しいですね。

耐性関係の実装は次々回からですが、肉集めの廃止等システム周りの変更は今回から、また今月はクリスマスバージョンということもあり良くも悪くも大きく荒れそうな古戦場になりそうですね!

またヘイローのAP見直し、属性格差の是正、ロビー機能の追加等不満が多い部分をしっかり改善していく姿勢が感じられるので、今後の調整や新コンテンツにも期待していけそうですね!

コメントを残す