【プレイ日記】ようやくRank150に到達! 上限開放クエスト「星の囁き」感想・使用パーティまとめ

ようやくRank150に到達しました!

グラブルを始めて約1年3ヶ月、長かったような短かったような・・・速度的にはどんなもんなんですかね?

たまに自分より大分後に始めて高ランクの人を見かけますがいったいどんなプレイ方法をしているのか気になりますねw

ランク150に到達ということで更なる上限開放クエストの「星の囁き」にも挑戦してきました。

[adsense]

Rank150の大台に到達

 

ランク150になったからといって特別何を目指すわけでもありませんが、こうして見ると一つの到達点に達したというか感慨深いものがありますねw

ゲーム開始当初はランク100台でもやべーやつがいる!とか感じるレベルで自分がこのレベルまでいけると全然思ってませんでしたからね。

まぁランク上限が開放された今では150台も特別珍しいわけでもなく、恐らく3周年でまた上限が上がると思いますけどねw

ランク上限開放クエスト「星の囁き」に挑戦

150になるとランクの上限開放をしないとランクMAXという状態なので、経験地が入りません。

その状態でプレイするのはもったいないので早速ランク上限開放クエスト「星の囁き」に挑戦してきました!

このクエストはランク100到達時の上限開放クエスト同様、特定のボスとの連戦。

連戦といってもぶっ続けではなく、1戦ごとに区切られているのでパーティ変更等はもちろんできます。

ランク100の上限開放クエストでは「マグナボス」6属性との連戦でしたが、今回は「イフリート」「コキュートス」等の討滅ボス6属性との連戦になっているようです。

前情報等はほとんど調べていませんがマグナソロよりは強い程度の強さはあるとのこと。

1戦目:イフリート戦

 

1戦目は「イフリート」の模様。

編成はマグナ編成を使用。フィンブルは4本集めましたが、ヴァルナを持ってないのでリヴァマグ編成に逆戻りです。

ある程度の強さは覚悟してましたが「まぁなんとか勝てるだろー」くらいの気持ちだったのでサブにエッセルいれっぱだったりしますw

行動自体は普段の討滅時とほぼ同じみたいですね。

ランク相当ということもあり中々硬い!火力もそれなりにあるということで結構消耗しました。

ランちゃんの「ダブルインパルス」とヨダ爺の固定ダメージの火力とカタリナの「マウント+回復」が結構支えになってくれた気がします。

ヨダ爺が落とされるも控えもアルタイルという布陣なので、危なげなく勝利!

2戦目:コキュートス戦

 

2戦目は「コキュートス」。個人的にコキュートスは体力トリガーの特殊行動があったり、それでデバフ消去等をされるので結構苦手です。

編成はこちらもよくあるマグナ編成を使用。

イフリート戦がそこまで苦戦しなかった為か完全に調子に乗ってサブはドロップ&育成メンツのまま出陣!ちなみにこのクエストはドロップないのでエッセルは完全に腐ってますw

奥義パで一気に畳み掛けるもやはり硬さは健在で思ったより削れない印象。

マウント枠がサブ石のアポロンのみなので特殊技&特殊行動を防ぐのが間に合わずデバフを直撃、火力は結構あるのでフロントが落とされサブメンバーを引きずり出される始末w

パーシヴァルの恐怖で時間稼ぎするも火力源が激減してどんどん落ちていくメンバー・・・

最終的に残り2%で全滅しました。

どうやらこのクエストはエリクシールが使える模様でやり直しはめんどうなので復活してフルチェインして勝利!

なんとも締まらない勝利になりましたw

ジョブ構成やパーティ編成をしっかり組めばもっと楽に勝てたとは思いますが、調子に乗ると痛い目に合うといういい例ですねw

あと最近ユグマグ剣の上限開放を行っていたので勝てましたが、3凸染め程度だったら単純に火力不足でもっときつかったんではないかと思います。

3戦目:ウォフマナフ

 

3戦目は「ウォフマナフ」。体力トリガー等もなくそんなに苦戦する印象はないですね。

武器も4凸マグナ編成がほぼ完成しているので他に比べたら楽に勝てると思いましたね。

ただコキュートス戦の反省があるのでサブメンバーもしっかり編成はしていますw

パーティは四天刃ウォーロックとコルワ、シエテ、アンチラの風パのテンプレ的なパーティで挑戦。

背水維持の為あまりライフ回復をしないでいたらピンチになりそうな場面もありましが、危なげなく勝利。

4戦目:サジタリウス

 

ようやく折り返しの4戦目は「サジタリウス」。体力トリガーで度々チャージターンがMAXになるのが厄介ですね。

自分のパーティで唯一の神石編成の「アグニス編成」を使用。

特殊技を受けきれるか微妙なのでジョブはスパルタをチョイス。デバフ役がいるので、スパルタ・セージ等を使用しやすいのはありがたいですね。

パーティは万能タイプの「ユエル」、デバフ役の「クラリス」、マウントと火力枠で「マギサ」を採用。

サブにはマギサが落ちるのを想定して育成途中ですが「パーシヴァル」、なんとなくサポート枠として「ザルハメリナ」を編成。

特殊技は思ったよりブレイクのタイミングが重なったりで飛んでこず逆にファランクスを持て余していましたw

ただやはり通常攻撃も結構な火力なので連続攻撃をくらうと一気に瀕死に。

ユエルの回復力にかなり支えられた印象!

こちらもそこまでピンチになることはなく勝利です。

5戦目:コロゥ

 

5戦目は「コロゥ」。体力50%での「アルヴェン」の超火力が一番の注意点ですね。

編成はマグナ編成の背水を生かす装備のものをそのまま使用。

ただ水着ゾーイは流石に今回は削りきる前にこっちが落とされるので外れてもらいましたw

デバフ兼アタッカーに「ジャンヌダルク」、同じく長期戦ほど輝くアタッカー枠に「シス」、使いやすい性能のサポート役として「ヴァンピィ」を編成。

サブはこれといったキャラがおらず悩みましたがとりあえずアタッカー枠で「ナルメア」、回復枠で「ロゼッタ」をチョイス。

ジョブはアルヴェン用にスパルタを考えましたが、マウントも欲しいと思いセージに。

ただ今思うと頻繁にデバフが来るわけでもないのでスパルタでよかった気もしますねw

水着ゾーイの登場で影が薄くなったシスですがやはり44万ダブルアタック確定は強い!

現在の闇パが激戦区なのと相性のいい高難易度ボスが少ないのがやはり逆風という感じですね。

そして最も注意が必要な「アルヴェン」ですが調整ミスって直撃する結果に!w

ただセージとロゼッタの回復で上手く立て直しなんだかんだで勝利。

 

6戦目:ディアボロス

 

最後の6戦目は「ディアボロス」。お供の書がやっかいなデバフを飛ばしてきます。

編成はマグナ編成を使用。「ゲイボルグ」の存在とテンプレ程度にはマグナ編成も完成、前回の古戦場で振った+ボーナスがそのままなので6属性で一番の戦力かもしれませんw

デバフとアタッカーを兼ねる「ジャンヌダルク」、こちらもデバフと火力を兼ねた「ジュリエット」、光の強力なバッファー「フェリ」のテンプレメンバー。

サブは「アーミラ」と一応蘇生用で「ソフィア」を編成。

ジョブはダメージカットよりデバフ対策のマウントやフェリ3アビのクリアも兼ねてセージを使用。

それなりの長期戦になりそうなので、まずはお供の「ヤウス書」を集中攻撃。

ただこっちも割りと硬いので何度か特殊技を食らってしまいましたね。

ただ対策は万全なので大きな問題は無し、フェリ3アビからの2アビのフルチェインで一気に削り完勝!

ランク上限開放へ

討滅ボス6連戦を終え晴れてランク上限が175まで開放!

ここまで上がるのにこんどはいつまでかかるのか・・・って感じですがランク上げる為にプレイというよりは今まで通りやりたいことやってたらランク上がってたって感じになりそうですね。

先のことだと思いあまり調べていませんがランク上がると取得できるゼニスパークも結構有用なものが多いようなので、それに向けてランク上げを考える時が来るかもしれませんねw

コメントを残す